JUGEMテーマ:ひとりごと




 



生駒里奈さんは最高だし乃木坂46は最強だった。



 



わたしの推しているアイドルのひとりである(あった)生駒里奈さんの卒業が決まり、卒業コンサートの日程が決まり。当然ながら東京開催だし倍率も高いから見に行けないだろうと思っていたところ、地元のライブビューイング会場にわずかながら空きがあることが分かったのが前日のこと。チケットを予約して、ろくに予習もしないまま勢いだけで行った。



 



会場に入ってまず席の埋まり具合にびっくり、そしてサイリウムを持った人の多さにびっくり。前に別のグループのライブビューイングに行ったときには、平日の夜だったせいもあると思うけれど、もっと人も少なくてコールをする人もいなくて、逆に戸惑ってしまったくらいだったのに。今回はみんなどんどん声を出すし立ち上がってサイリウムを振るし、これ、前からやってみたかったやつだ!! と思って存分に楽しんだ。



 



生駒里奈さんは最高だった(2回目)。かっこよくてかわいくて女の子だった。かっこいいの極みは「Against」、宝塚の男役みたいなオーラがみなぎってて心の中で悲鳴をあげちらかした。かわいいの極みは個人的には「シャキイズム」だったと思う、トロッコに乗って観客に手を振りながら、にへって笑ったときのかわいさプライスレス。



ああーでもなあ、やっぱり「制服のマネキン」は素晴らしかったなあ……。<僕に任せろ>のところで、生田絵梨花さんと星野みなみさんを笑顔で抱き寄せる生駒ちゃん、ちょう素敵だった。曲間、いろんな方からの生駒ちゃんへのメッセージがスクリーンに映し出されていたのだけど、「あなたの立っている場所がセンターです」というのがあって、まさにその通りだなって。生駒ちゃんはどこまでもセンターでみんなの希望だよ。



 



生駒ちゃんは楽しそうで、「あっついね! 今日暑くない?」「ちょーーー楽しい!!」と言いながらずーっと笑っていた。実際わたしもめちゃくちゃ楽しくて、これが彼女の卒業コンサートだということを忘れそうになるくらいだったのだけど、カメラに抜かれるメンバーの表情が崩れる瞬間がたびたびあって、あああ……と思った。「制服のマネキン」で桜井玲香さんがつらそうに顔をゆがめていたのが忘れられない。そうだよな、やっぱりそうだよな、さびしいよ。みんな生駒ちゃんを大好きで、生駒ちゃんもみんなを大好きで、というのがひしひしと伝わってくるコンサートだった。ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために、ってまさにこんな感じじゃない? みんなから頼られ信頼されているのは間違いないのに、不思議と後輩からも頭ぽんぽんされてしまう、姉のような妹のような生駒ちゃん。高山一実さんと齋藤飛鳥さんが口ぐちに「元気で長生きしてほしい」「かわいいおばあちゃんになりそう」と言うのが分かってしまう。ちなみにずーっと笑顔だった生駒ちゃんの涙腺が最初に決壊したのは、うずまきナルトさんからの(音声付き)メッセージと岸本斉史先生直筆の似顔絵のプレゼントをもらったときでした。「ナルトは卑怯だよ〜」「オタクの生駒ちゃんに戻っちゃうよ〜」と涙ながらに訴える生駒ちゃん、ちょう生駒ちゃん。



 



<生駒里奈卒業コンサート>と銘打ってはいたけれど、ちゃんと2期生や3期生にもスポットライトが当たる瞬間があって、あっあの子かわいい! この子もかわいい! と、予習しないで行ったのにもかかわらずどんどん名前を覚えていった。3期生の「トキトキメキメキ」最強かわいい。わたしが前からかわいいと思っていた人の名前が分かった、大園桃子さん、阪口珠美さん、あと岩本蓮加さん。あと好感度がぶち上がったのは向井葉月さん。向井さん、MCでは列の後ろのほうにいて、生駒ちゃんとの思い出を語る先輩たちを目をきらきらさせて見つめ、うんうんとうなずきながら聞く。それだけでもかわいかったのに、汗で前髪がぺちょっと額に貼りついていたのをカメラに抜かれて生駒ちゃんに指摘され、高山さんにかいがいしく直されていて、もう、もう、なんてかわいいお嬢さんだ!!



というか、乃木坂46、どこを見ても誰を見てもかわいい、本当にかわいい……。個人的には堀未央奈さんのすごさを再発見してわっとなった。ポニーテール、薄紫のレースに花の刺繍を施した衣装が完璧に似合ってかわいくて、そのくせMCをばっさりぶったぎるし、自分が感動的なスピーチをしている途中で「わたし、今声高いですか?」とかやっちゃう。大好き。



 



セットリストは生駒ちゃんが考えたと聞いて勝手に(ほんと、勝手に!!)誇らしく思ってしまった。いろんなメンバーのかわいいところ、素敵なところが見えるセトリだったし、単純にコンサートとしてとても楽しかった。スポーツ新聞には<涙で別れ>って書いてあったけど、そうじゃないって言いたい。涙もあったけど笑いもあって、笑顔がいっぱい見られたコンサートだった。見に行ってよかった。生駒ちゃんを好きになってよかった。乃木坂46を好きになったのは彼女のおかげ。



 



 セーラーの裾かがやかせ終わらない夏ってきっと君のことだよ/黒井いづみ



 



これはずっと前に生駒ちゃんに寄せて作った短歌。あなたはずっとわたしのセンターです。



 



 


  • -
  • 22:08
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://whistle-tune.jugem.jp/trackback/190

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 雪舟えまさんと『タラチネ・ドリーム・マイン』のお話
    みつる

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM