副題:自己評価はあてにならない

最近ネットでよく見るパーソナルカラー診断と骨格診断を受けてきました。自己診断が全部ひっくり返ったぞ!! プロ診断ってすげー!!

0.受けに行こうと思った理由・きっかけ
特に社会人になってからかな、おしゃれが楽しくなってきて、あれこれ買って試してみるということをしていた。
そのうちに、どうにもしっくりこない、買ってみたけど意外と好きじゃない、という理由で着なくなっていく服が出てくるなーということに気づきまして。
じゃあしっくりくる服ってなんじゃろう、と考え始めたときにパーソナルカラー診断(以下PC診断)や骨格診断というものを知ったわけです。
で、PC診断と骨格診断の本を買ったり、ネットで自己診断したりしてはいたものの、なんかよく分からんなあ……という気持ちになり、このもやもやを解決するにはやっぱりプロに見てもらったほうがいいんじゃないか、と思ったのが今年の2月くらいかな。
ちょうどそのタイミングで再会した友人が、わたし同様PC診断を受けると言うので、それならわたしも! と踏ん切りがついた。

1.自己診断編
以下はわたしが本を読んだりネットで調べたりして、自分はこのタイプじゃないかなーと予想していたやつ。なんでそう思ったかも書いておきます。ただし後にプロ診断で全部ひっくり返されます。

★PC:スプリング/イエベ春
《明るく澄んだ色が似合う、若々しくかわいらしい印象と説明されることが多い》
ネットで自己診断したときに、スプリングかオータム/イエベ秋と出ることが多かった。でも、たまにウィンター/ブルベ冬も出る。本やネットの自己診断だと、PC診断って春夏秋冬の4分類が普通なのに、そのうちの3つが出る。意味が分からない。
で、人から見てどう言われることが多いかを踏まえて考えようと思いました。
○地毛はツヤとハリのある黒髪=ウィンターっぽい
○友人や美容師さんから茶髪、金髪を勧められた
=スプリングかオータムっぽい
○友人や店員さんに褒められる服やアイシャドウの色
=スプリングっぽい
PC診断の似合う色リストを使って比べてみると、どうやらスプリングのような気がした。

★骨格:ウェーブ
《薄くて華奢な体型、下重心と説明されていることが多い》
これは本のチェックリストを見ながら考えた。わたしがウェーブっぽいなーと思った理由は以下の通りです。
○ポニーテールが似合わない(後頭部が絶壁)
○上半身が薄い(小さい! 細い! 薄っぺらい! とよく言われる)
○縦長のVネックを着ると胸元が貧相(洗濯板みたいに見える)
○腰周りがむっちりしている(下重心?)

3.プロ診断を受けにいく
いよいよサロンへ。わたしはPC診断と骨格診断セットで受けられるところに行った。 2時間半で20000円(税抜)也。
サロンによってメニューも拘束時間も値段も全然違うけど、わたしは
○地元のサロン
○ブログやInstagramをこまめに更新している
→その文章が嫌いではない
○診断料25000円以内
○拘束時間1日以内
という感じで絞りこみました。
わたしの受けたメニューは
カウンセリング(診断で知りたいこと・服やメイクで悩んでいること・なりたいイメージや着たい服などを伝える)
→PC診断(顔の下にカラードレープをあてて似合い方を比べる)
→骨格診断(筋肉のかたさ・骨の出方・腰の位置などを触診)
→結果の確認と詳しい説明
という流れで進む。
診断を受けに行く方は、ノーメイクで行くこと・厚手の服を避けることをおすすめします。PC診断はすっぴん推奨、骨格診断では体を触ったり、場合によっては服をめくったりすることもあるので。

4.PC診断
カラードレープをあてながら「この色だと顔色がこうなる、顔の輪郭がこうなる」というのを説明してくれるんですけど、ちょう面白かったです。
わたしの場合、説明を受けるまでもなくウィンターの色だと顔色が死ぬのが分かった。土気色になる!! ウィンターではないわ!!
一方、スプリングの色だと、診断してくれた先生いわく「顔の黄色みが強くなる」「顔の輪郭が膨張してぼやける」。あれあれ、顔色は悪くないと思うんだけど、と思いつつ、確かに、顔が大きく見える気がする……と納得。
で、オータムの色だと、なんだか顔の輪郭がしゅっとして見える、うまく言えないけどなんだかしっくりくる!! 中でもきれいな色(彩度の高い色)のほうが映えると言われました。サマー/ブルベ夏の色でも、彩度の高い色だと色白に見えるのでOK。サマーとオータムは濁色(原色にグレーの混ざった色)が似合うという共通項があるそう。
色以外のことで面白かったのがいくつかあって、まずオータム特有の虹彩(黒目)をしていると言われた。わたしの虹彩じたいは焦げ茶色なんですけど、縁は黒い。これはオータムの人に多いのだとか。へえー!
「自覚はなさってないと思いますけど、彫りが深い顔立ちですよ」と言われたのもびっくりした。彫りが、深い……? まぶたの上がくぼんで茶色く影になって見えるのは、色素沈着ではなく、もしかして彫りだったの……!? このへんでびっくりしすぎて面白くなってくる。

5.骨格診断
ここで第二の衝撃。「ウェーブ要素がない」と言われた!! あんなに薄っぺらいと言われるのに!? ふんわりスカートが似合うと言われるのに!?
先生いわく「いま着てらっしゃるタートルネックがよく似合うので、最初に見たときはナチュラルだと思ったんですが、手のひらの形はストレートなんですよね……」と。
さらにあちこち見て触ったけど、ますます先生が悩む。
○鎖骨がしっかり出ている→ナチュラル
○肩甲骨がはっきり出ている→ナチュラル
○指の関節や手首の骨の出方→ナチュラルっぽい
○筋肉や肌のハリ感→ストレート
○ウエスト位置や腰の位置が高い→ストレート
○お尻の頂点も高い→ストレートっぽい
ということで、特に上半身を中心にストレートっぽい要素とナチュラルっぽい要素が混ざっているらしい。このへんで「えっわたしウエスト位置高いん? 腰の位置も高いん? 嘘やろ……ウケる……」という気持ちになる。
結局決め手になったのは脚の形。膝下で1回きゅっとなって、足首でもう1回きゅっとしまる形がストレートなんだそうです。「色気のある脚の形ですから、どんどん出して大丈夫です」って言われた。はーい!

6. 結果のまとめ
★PC:オータム/イエベ秋
★骨格:ストレート(上半身はナチュラルも混ざっている)
ここで似合う色・形・素材、似合うメイクの雰囲気などの詳しい説明を受けました。わたしは手持ちの化粧品や服の画像も持っていったので、アリかナシかを見てもらうこともできた。

★似合う色
手持ちの服の色はオータムに似合いますと言われるものが多かった。自分ではスプリングを意識していたつもりだったけど、オータムの中でも彩度の高い色のほうが似合うタイプだったので、それが功を奏したかもしれない。

★似合う形
手持ちの服、ストレート向きじゃない形ばっかり!! そりゃそうだ!! ウェーブのつもりでいたもん!!
ストレートの人はIライン・ジャストサイズ・ジャストウエストを意識するのがいいそうです。ボトムもジャスト膝くらいの丈がベスト。袖丈も手首の骨が隠れるくらいの長袖か、二の腕全部がカバーされる半袖がよい。
うー、わたしフレンチスリーブとかフレアスリーブとか大好きなんですけど、骨格から言えば似合わない形なのね……。でも分かる、今なら分かるよ、着ると肩幅ガンダム並みに広く見えるもんな……。ノースリーブも二の腕むっちりに見えるしな……。

★似合う素材
ハリのあるもの、ぱりっとしたものがよい。薄い生地、てろんとした生地は苦手。綿100%、ニットならハイゲージがおすすめ。
柄なら直線的な柄、大きめの柄がよい。ただしボタニカル柄のような不規則な柄は不向き。うわーわたし変わった柄とか不規則な柄とか花柄とか大好きなんですけどー!! つらみ!!

先生いわく「ストレートに似合う素材感はいいお値段することが多い」と。あとオータムに似合う色も「いい色なんだけどいい値段するブランドで見つかることが多い」そうです。オータム×ストレート、お金がかかる組み合わせだね!!

★似合うメイク
普段使ってる化粧品はオータムに似合う色らしい。オータムはばっちりめのメイクのほうが似合いますよと言われた。おすすめされたのは朱赤やベージュのリップ、カーキのアイライナー、おいおい大人かっこいいじゃん……。
あとチーク、オータムは入れたか入れてないか分かんない感じになりがち(←めちゃくちゃ分かる)なので、ちょっと濃いめくらいがいいそうです。

7.感想
思いもよらないことをたくさん言われて面白かった。自分では絶壁だからウェーブだと思っていたら「ウェーブの方はもっと頭が角ばってますね」と言われたし、細い・ちっちゃい・薄っぺらいってよく言われるけど骨格の種類から言えば全然華奢な部類じゃなかった。そのうえ苦手だ苦手だと思っていたVネックをおすすめされるストレートとは……ウケる……。
でもすとーんと腑に落ちたところもたくさんあった。ウェーブは苦手なはずのハイネックがしっくりくるとか、ウェーブは得意なはずのシフォンのブラウスより、綿のシャツのほうが絶対似合ってるとか。スカートをジャストウエストで穿いたとき、身長はかなり低いのになぜか丈が短くなる謎も解けた、ウエスト位置が高いストレートだからだ!
そう、だから自己評価も他人の評価も案外あてにならないなーということを感じたんですよね。彫りの深い顔だなんて言われたことなかったし思いもしなかった、ふんわりかわいいタイプと言われるけどPCも骨格もそっちじゃなかった。自分の思い込みも他人の言うことも、そんなに気にしなくていいのかもしれない。

好みの服と似合う服が結構違うんだな……というショックはまあまああった。わたしの好きな形や柄、いかんせんウェーブ向きなんですね……。
でもさあ、好きなものは好きだしやっぱり着ますよ、という気持ち。考えてみたら、PCも骨格も、服やメイクを知るためのヒントであってルールではないのだし。
そのショックを一晩寝かせておいたら、やっぱり受けてよかったなーという気持ちになりました。前より少ししっかりめのメイクを試してみたらいい感じだし、フレアスカートばっかり持っていたけどタイトスカートに挑戦してみようと思っている。

あと、診断を受けたことで目の解像度が上がったというか、服をぱっと見たときに「あの形は苦手なやつ!」「あの色は絶対似合うやつ!」と分かるのが分かって面白いです。アニメを見ていてもPCを考え始めたりとか。木之本桜ちゃんは絶対スプリング……。

ともあれ、楽しかったです。遊び方をまたひとつ覚えた感じ。今はツイッターで「#イエベ秋」「#骨格ストレート」のタグをたどる旅に出ている。

  • -
  • 14:51
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://whistle-tune.jugem.jp/trackback/188

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 雪舟えまさんと『タラチネ・ドリーム・マイン』のお話
    みつる

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM