副題:スピッツは最高、あるいは草野マサムネかわいい無双について

***
9/16(土)18:00@北海きたえーる

本当に本当に、スピッツはサイコー!!! と叫びちらしたくなるライブだった。ライブの間じゅうずーっと笑っていた自覚がある。スピッツのライブは3回目だけど、いつだって今のスピッツが最高だよ。

まず開演前のイベンターさんの前説からして最高だったことから記さねばなるまい。
北海道地区担当のササキさんという方、これまでスピッツが北海道で公演したのは何回、そのうち札幌で公演したのは何回、と真面目な感じでヒストリーを振り返っていて、おおーと思っていたら、
「皆さん、思い出の曲があるかと思いますが、僕にもあります!」
で、お客さんが思わず笑っちゃったところで
「♪だ〜れもさわ〜れ〜ない〜」
って「ロビンソン」を歌い出すから、もう、みんなで手拍子するしかなくない? そこからしてちょう楽しくない? 

そして草野マサムネの圧倒的かわいさ。
最初のMCで言うことを思い出せなくなっちゃったマサムネが、
「今日は最後まで……あれ、違う、いつも俺なんて言ってたっけ?」
「あ、そうだ、楽しい夜にする! 楽しい夜にするから、任せろ!」
任せろ、って言いながら、ふふふ……って照れ笑いするんですよ!! かわいいかよ……かわいさ100点中120点あげるよ……!!
Googleのサジェスト機能で《草野》と入れて《草野マサムネ》が一番に出た、草野界1位だった、というのでメンバー全員の名字で同じことをするのもかわいいし、「ていうかさあ、ツアー中なんだからむしろ1位じゃなかったら地味すぎねえ?」ってテツヤにダメ出しされるのもかわいい。
アンコール待ちの拍手が聞こえて自分もすごく歌いたいのにスタッフさんが無理やりお客さんを帰しちゃった夢を見て泣きながら起きた……と話しているのなんか、もう、今年50歳というのが信じられないくらいかわいい。
もうひとつ、これは自慢でもあるんだけど。「雪風」がタイアップしたドラマの聖地巡礼に行ってきた話をしていたマサムネさん、今日のセットリストに「雪風」入れてないと気づいてやや話のテンションを下げてしまって、じゃあ代わりにとギター1本で「雪風」をやってくれたのですよ。最高だった。「ふつうMCでセトリの話しねえよ!」とテツヤにダメ出しされるところから「♪雪ー風ーのなーか問ーいかけてーみー、る〜るるる〜」ってひとりでコーラスまで繋ぐところまで最高。

なんというか、本当に稀有な人だなあ、と思う。歌がうまくて、顔立ちもきれいで、30年もキャリアを積んでいる大御所と言われておかしくない立場なのに、きっと雑魚キャラのまんまだろう、って歌っちゃう、そしてそれが全然嫌味じゃない。ライブのたびに最初のMCで「スピッツのために貴重な時間を割いてくれてありがとうございます」って言う、そのスタンス。きっとマサムネさんだけじゃなく、他のメンバーも共有してるスタンスだとは思うんですけど。
なんだろう、スピッツのライブに行くのは初めてじゃないのに、客電が落ちて最初にマサムネの声が聞こえた瞬間に(うわーマサムネだー生きてるー!!)って思ったんですよね。あんな人が、あんな声の人が、わたしと同じ人間で今生きていていつか死んでしまう存在だなんて信じられないけれど、今目の前で生きて歌ってる……すごい……尊い……という気持ち。これが信仰か。

そんなマサムネをはじめ、結成して30年経つのにゆるふわかわいいおじさんだらけのスピッツ(だってさあ、レコーディングスタジオでメンバー4人で『どうぶつの森』やってるって、のたうちまわるくらいかわいくない?)(ソースは「さらさら」リリース時のラジオ)で、いちばんかっこいいのはサポートメンバーのクジヒロコさんだとわたしはつねづね思っていて。
今回も彼女は淡々とかっこよかった。結成30周年に合わせて30年前に買ったTシャツを着てきたそうで、
「色落ちもしてません、穴も空いてません……まるでスピッツのようじゃないですか?」
はいかっこいい!! スピッツのライブでMCにオチとまとまりがあるのはクージーだけだよ。そこも好きだよ。

スピッツのライブで北海道に行ってきた、って職場で話したら「えっ黒井さん、ぜんぜん世代じゃないよね?」と言われたんだけど、スピッツ世代というものは果たしてあるのかな、と思っている。
ライブに行くと文字通り老若男女、って感じでいろんな人がいる。グッズ売り場でちょっと腰の曲がりかけたくらいのおばあちゃんがツアーTを買っていた。大学生くらいの男の子がわらわらと固まっているのを見た。曲と曲の合間の楽器交換のときに、わたしの席の近くでちっちゃい女の子が「たむらくーん!」「たむらくんすきー!」と叫んでいた(めちゃくそかわいかった)。
いつ聞いても何度聞いても、かっこよくって最高で、ずっとそこにいてくれるのがスピッツだ。少なくともわたしにとってのスピッツはそうだから、やっぱり世代なんか関係なくない? と思ってしまう。
ちっちゃい彼女の推しメン、リーダー田村がMCで「30周年は通過点だから、また会おうね」と言ってくれた。だからまた会いに行く。元気で歌い続けてくれる限りずっと。


夢の名残りみたいな紙吹雪。大事に取っておきます。

  • -
  • 16:27
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://whistle-tune.jugem.jp/trackback/178

PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 雪舟えまさんと『タラチネ・ドリーム・マイン』のお話
    みつる

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM