最近ネイルを始めた。ジェルじゃなくてマニキュアのほう。
前はネイルというとギラギラ、デコデコのイメージがあって、あと爪を伸ばさないといけないと思っていた。
わたしは爪が長いと落ち着かなくて常に切り揃えていて、わりと常に手荒れしているから似合わないようにも感じて、だから手を出すことはない、はずだったのだけれど。
友達がときどき単色ネイルをしていて、すごくかわいいなと思うようになった。あともぐもぐさんのブログを読んで(そっちはサロンでやってもらうネイルだけど)、楽しそうだなあって。

そんなときに大阪に行って、電車待ちの間に百貨店をうろうろしていたら、アナスイで無料でネイルをしてくれるイベントをやっていたのだ。
これは、と思って、思いきって飛び込んだ。
手荒れがひどくて似合わない気がして手が出せなかったんです、と言ったら、ネイリストさんはからっと、そんなことないですよって笑った。本当は指3本までだったけど、時間があるからと言って左手ぜんぶ塗ってくれた。



嬉しかった。思っていた以上に。わくわくして指先ばかり見てしまう。帰りの電車の中でどこかにぶつけて、すぐに指先がはげてしまったのだけど、なんだろうこの喜びは。

アナスイで塗ってもらった色のうち2つと、リムーバーを買って帰った。

週末にときどき塗る練習をしている。まだ下手くそだし、リムーバーを使ったあとは指がぱりぱりする。
けれど続けてみたいと思う。爪が短くても手荒れしていても、やってはいけないことなんてなかったんだ。

セーラームーンの変身シーンは、まず爪がきらきらするところから始まる。
わたしがネイルに感じるときめきは、あるいはそこから来ているのかもしれないな。




 

  • -
  • 18:22
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://whistle-tune.jugem.jp/trackback/163

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 雪舟えまさんと『タラチネ・ドリーム・マイン』のお話
    みつる

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM