calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

profile

links

categories

archives

recent comment

  • 雪舟えまさんと『タラチネ・ドリーム・マイン』のお話
    みつる (06/14)

recent trackback

search this site.

others

mobile

qrcode

sponsored links

死ぬほどハッピーになるミュージカル『キンキーブーツ』を観てきた

8/14(日)13:00~@オリックス劇場


なぜか写真が横向きになる。

ともあれ、『キンキーブーツ』観てきた!
めちゃくちゃ楽しみで期待していて、
実際観たら予想の何倍も楽しくて
ハッピーになれるミュージカルだった……
あまりにも楽しかったので
誰彼構わず薦めまくるヤクザと化しつつあります
(2次元ものだとキンプリヤクザとか言うけど
まじでそんな感じ……)。

まず観たい! と思ったきっかけは
「三浦春馬が10cmオーバーのピンヒールを履いて
ガンガン歌ってガンガン踊る」
ということです。
前に他の舞台の記事でも書いたかな、
歌って踊る三浦春馬さんってちょーかっこいいんですよ!!
何度か映像を見て、いつか絶対生で見たい……
と思っていたらこの『キンキーブーツ』ですよ。
日程的に難しいかな〜と思って
一時は諦めていたのだけど、
ツイッターで知り合いのおねえさんが
猛烈にプッシュしていたので、
やっぱり行ってみよう!! となった。
あとこれ、この稽古場映像
はいかっこいい。最高。
こんなもん見たらそりゃ行くわい。

いやー大正解だった……。
歌って踊る三浦春馬って大正義。
最高にかっこよくてうつくしい。
男物を着ているときはすらっと細身に見えるのに
ドラァグクイーン(女装パフォーマーのこと)
(どうでもいいけどクイーンって語感が最高じゃないですか)
のドレスを着た途端にめちゃめちゃ強くたくましく見える。
それが春馬くん演じるローラの台詞と
偶然かもしれないけどリンクしてて、よい……。
ぎらぎらしててちょっと(ちょっと?)エキセントリックで、
忘れられないほど魅力的なドラァグクイーンだった。
ダンスが上手いのは知ってはいたんだけど、
ひとつひとつの動きがめちゃくちゃしなやかで、
かつすごく女性っぽい、男の人の柔軟性とは何かが違う感じ。
W主演してる小池徹平さんがおっ、て思っちゃうって言ってたの、分かる。
終演後に主演ふたりでご挨拶に出てきてくれたんだけど、
さらっと徹平くんと腕組んでるんですよ春馬ってば!!
あざとい!! さすがローラあざとい!!

観る前も観た後もさんざん、
三浦春馬がやばい!! 三浦春馬が!!
ばっかり言ってるし実際そう思っているけど、
小池徹平さんもとってもよかった……。
かわいくて(ヒールの分もあるけど、春馬さんとのサイズ感の差!)
歌声もなんだろう、かわいい、優しい……。
優柔不断に見えてもちゃんと情熱があって
優しくてひたむきで、
とにかく好感を持てる、感情移入できるキャラクター。
春馬くんは舞台に出てきた瞬間からパワーがあって
どうしても目が吸い寄せられちゃうけど、
徹平くん演じるチャーリーが魅力的だから
ちゃんと物語についていけるというか。
ローラが巻き起こす台風に、
チャーリーと一緒に巻き込まれて
わくわくしたりどきどきしたりできるんだなと思いました。
あとソニンちゃんのかわいさ!! 
めちゃくちゃチャーミングなコメディエンヌ!!
あんまり言うとネタバレになっちゃうけど、
彼女のソロ曲、ほんとーにかわいくて好きです……。
あ、これは公演プログラムに載ってるんですが、
「あなたの心に響く見どころポイントや
意気込みを教えてください!」
という質問に対する彼女の答えが最高に的確です。パーフェクト。

全曲シンディ・ローパー作曲の音楽も、
当然と言えば当然だけど素晴らしかった。
日本語版の歌詞もテンション上がる感じで大好き。
英語と日本語がごっちゃになってると
それだけでかっこよく聞こえるのなんでじゃろ……。
公演を観てからしばらく経つのに、
ずーっと頭の中でぐるぐる音楽が回っている。
公開ゲネプロの映像とか稽古場映像とか
何回も何回も見てしまうよ……
あーDVDとかCDとか早く出してください!!

三浦春馬さん演じるローラはドラァグクイーン、
すなわち女装パフォーマーということで、
マイノリティを扱う作品でもあるのですが、
いわゆるマイノリティの苦しみだけじゃなく、
親の期待に応えられないとか、
いろんな人が抱えうるいろんな呪いみたいなものも
散りばめられている。
(そういえば「さまざまな男性のためのさまざまな靴」って台詞が!)
その呪いを100%浄化するんじゃなくて、
呪いごと生きていっていいんだよ、
幸せになれるんだよ、
って伝えてくれるパワーがこの作品にはあるんだ。
しかも押しつけがましくなく、ご都合主義でもなく、
ちゃんと腑に落ちる伝え方をしてくれる。

ぐちゃぐちゃ書いてみたけど、結局言いたいことは
「めちゃくちゃハッピーになるから観て!!」
ってことです。
泣けるし笑えるしめちゃくちゃテンション上がるよ。
わたしももう1回、と言わず何回でも観たい……。


舞台  c.0  t.0

スポンサーサイト

-  c.0  t.0

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック