calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

profile

links

categories

archives

recent comment

  • 雪舟えまさんと『タラチネ・ドリーム・マイン』のお話
    みつる (06/14)

recent trackback

search this site.

others

mobile

qrcode

sponsored links

ミュージカル「美少女戦士セーラームーン-Un Nouveau Voyage-」を観てきた

JUGEMテーマ:ひとりごと

9月22日(火)12:00@AiiA 2.5 Theater Tokyo
2年ぶりのセーラームーンミュージカル!
2013年の「La Reconquista」公演を観て女の子たちのまぶしさにやられたのがはじまり。
いやもう、面白半分でチケットを譲ってもらって観に行ったんですけど、
めちゃめちゃかわいかった、きらきらしていた。
2014年の公演は観に行けなかったけど、ダイジェスト動画やニコ生を見て
ああみんな歌がうまくなって……と感激していた。
また観に行きたいなーとぼんやり思っていたら、
今年の公演で主要5戦士のキャストが卒業するという案内が。まじかよ!!
これは観に行くしかない、と即チケットを買った。


セラミュのポスターはいつも美しくて好き。



原作者夫妻からのお花。しかしすごい並びだ。



劇場にはセーラームーン関連グッズの展示もあった。
これは来年の1月?に出るらしい(たぶんガチャか何か、と思う)。
めっちゃかわいい……星空のオルゴール欲しい……。



こっちはイヤホンチャーム。
外部太陽系3戦士とセーラーサターンがモチーフになっているみたい。
このデザインのイヤリングが欲しいー。

いやーみんなうまくなって!! 歌もダンスも!!
というのが率直な感想(これはいったい何目線だろう。保護者か)。
アイドルや若手俳優を追っかける人の気持ちがすごくよく分かった。
テニミュとかなんであんなのにハマるんだ?? って昔は思っていたけど、
こうやってみんながうまくなっていくのを観るのが楽しいんだね。
こんなにうまくなったのにこのタイミングで卒業かよ!! と叫びたい。
この5人のセーラー戦士を何回でも観たかったよ……。
特にセーラームーン役の大久保聡美さん、彼女の進化のすごさ!!
2年前に観たときは歌もダンスもちょっと危なっかしくて、
でもそれが泣き虫でどじっこなうさぎちゃんというキャラクターと相まって
とっても魅力的だったんだけど、今回はもう全然違った。
歌もめちゃくちゃうまくなって、高音でタキシード仮面とハモっているのを聞いて
わたしはもう感無量です……うさぎちゃんと一緒に大きく成長したなあ!!
主要5戦士の合唱がものすごくよくなったなと強く感じたのだけど、
これはメインを張ってる彼女の成長も理由のひとつでは。
2013年公演ではわたしはセーラージュピター役の高橋ユウさんにどハマりして、
今年もまこちゃん推しだしジュピターっぽい色の服着ていくぜ、
くらいの感じだったんですけど、実際開演したら聡美ちゃんばっかり見ていた。
台詞にもあったけど、みんなから力を分けてもらっているセーラームーンから、
みんなを引っぱっていくセーラームーンに脱皮したんだなあ。

それだけに、もっと広い舞台でやってほしいなーと切実に思う。
舞台装置は2013年公演以上に手が込んでた、
コンサートの装置みたいな三角形のスクリーンがあったり、
プロジェクションマッピングもどきがあったり。
でも装置が増えた分だけ舞台上で動けるエリアが狭くなった(と思う)から、
セーラー戦士たちがばらばらになったり遠くへ行ったりという距離感を
目線やピンスポだけで表現しなきゃいけない場面がとても多くて。
これはキャストの技術だけの問題じゃないから難しいよな……。
もし漫画「PLUTO」の舞台版みたいに、
広い舞台で、舞台装置ばんばん使って、
プロジェクションマッピングも駆使して、ってことができるなら
全然違うと思う。特にセーラー戦士の攻撃とか。
でもそうしたら今の会場みたいな近い距離では観られなくなっちゃうし、
チケットの値段も跳ね上がるだろうし……むむむ。
アニメや漫画が原作の「2.5次元ミュージカル」って、
演劇ファン・ミュージカルファンより原作ファンのほうを
ターゲットとしているのではと思うのだけど、
そうなるとチケット代はあんまりお高めにできないというバランス……。
運営さんはそこんところを次年度以降ではどうぞよろしくお願いします!!

あと今回の公演で個人的にいちばん沸いたのは
本編終了後に「愛のStarshine」と「ムーンライト伝説」をやってくれたこと。
特に「愛のStarshine」は観に行けなかった2014年の公演でやっていた曲で、
YouTubeの公式動画を繰り返し繰り返し見た大好きな曲。
しかも公式動画では5戦士+ちびムーン(ときどきタキシード仮面)だったのが
今回は10戦士フルメンバー、しかもフルバージョン!!
振りもばっちり揃っててめっちゃくちゃかっこよかった……
本編中ではセーラー戦士みんなで歌うパートがちょっと少なかったので
物足りなかったのを最後にがっつり補給させてもらった!
いちばんのときめきポイントは、1番では5戦士が前列で踊っていたのが
2番でセンターがちびムーン、左右にサターン+外部太陽系3戦士に
ポジションチェンジするところです。
あとセーラーヴィーナス役の坂田しおりちゃん、
脚を斜めに伸ばしながらちょっとずつターンする振りで
彼女だけ顔を客席に残しながら回るのが好きです……。
彼女のダンスはすごくアイドルっぽくていい意味であざとい。
「ムーンライト伝説」のときもめっちゃ客席に目線くれる、にこにこしてくれる。
さすがヴィーナス、ちょうアイドルやで……。
聞けば本当にアイドルとして活動してたというし、納得。

「ムーンライト伝説」は振りコピしたいから公式動画を上げてくださいと
2013年にも書いたけど、今年もすごく振りコピしたくなったので
頼むから早く公式動画を上げてくれ(真顔)。
今年はきちんと踊る感じじゃなくお遊びもあったりして、
曲終わりのほうでキャスト全員(敵役も!)横並び1列になってくれるのが
あったかい雰囲気で嬉しかったー。
高橋ユウちゃん、セーラーマーキュリー役の小山百代ちゃん、
セーラーサターン役の高橋果鈴ちゃんの3人が隣同士だったんだけど、
きゃっきゃしててとてもかわいかったです。
「♪不思議な奇跡クロスして〜」でセンターの聡美ちゃんと
タキシード仮面役の大和悠河さんがふたりで片腕ずつクロスさせて
×を作っていて、仲良しさんかよくそかわいいな……と思っていたら
その横でユウちゃん、百代ちゃん、果鈴ちゃんが顔見合わせてにこにこしながら
それぞれ×を作っていて、なんだよもうくそかわいいな……。
せっかくなので、みんなで歌う劇中歌でめっちゃかっこいいのあったんで
それもやってくれたらとってもとっても嬉しいです……。

そしてセラミュに新システム:お見送り会が実装されていた!
終演後、「お見送り会に参加される方はお席でお待ちください〜」とアナウンスが。
お見送り会? なんぞ? と思いつつ待っていたら1列ずつ誘導されて通路へ。
そこで、なんと、セーラー5戦士が待っていた!!
つまりお見送り会とは握手会の握手できないバージョンだったのだ!
ユウちゃんと百代ちゃんとは目が合ったけど何も言えんかった……。
出口に向かって流されながら、おととしも観たよ楽しかったよ、
今年のほうがもっともっと素敵になってたよありがとう!!
って言いたかったけど、聡美ちゃんの前あたりで係員さんに背中を押されて
「おととしも観ましたありがとう!」までしか言葉にできなかった。
しおりちゃんとセーラーマーズ役の七木奏音ちゃんなんて
ろくに顔も見えなかったよ……なるほどこれが握手会でいう剥がしってやつか……!
しかしそれを拾おうと顔をこっちに向けてくれて
「ありがとう!」まで言ってくれた聡美ちゃんは天使だった。
帰り道、5戦士のかわいさを思い返しつつ、
そういえばわたしはちゃんと笑顔で5人に見送られていただろうか……
もっとにこにこきゃっきゃリアクションできたほうが5人は喜んでくれただろうに……
と謎のひとり反省会を繰り広げていたのはわたしです。
正直あれのためにもう1回観に行ってもいいかもしれないくらいの気持ちになった。
なるほどこれが握手会に通うドルヲタの気持ち……?

千秋楽の終演後、セーラー戦士5人のために卒業式があるそうで、
ロビーにメッセージを書くコーナーが設けられていた。わたしも書いてきた。
セラミュの女の子たちはみんなかわいくて、きらきらしていてまぶしくて大好き。
きっとカンパニーもあったかくて素敵な場所なんだろうなと想像している。
女の子のユニットの類にはなんでもかんでも「卒業」があって
そのシステムは(女子の「賞味期限」問題を連想するので)
そんなに好きじゃないんだけど、セラミュを経験して卒業することで
彼女たちがもっともっときらきらしてくれたらいいな、
そのときセラミュが売れる前の黒歴史扱いじゃなく、
ちゃんとプロフィール欄に載っていたらいいな、と願っています。
売れてくれ!! いや売れなくてもいいけど幸せになってくれ!!

追記ではネタバレ込みで思ったことを箇条書きにしていきます。
読みたい方だけ読んでくださいな!


 
***

・セラミュオリジナル設定のため天王はるかさんが
歌手でレーサーなんですけど、それどこのマッチさんですか……
笑ってしまったやないか……ごめんなさい

・随所にアニメ版オマージュが見られて大いに沸いた、
スーパーセーラームーンの変身BGMとか必殺技のポーズとか!
しかし3次元で見るとなおのこと難易度高い動きである……

・うさぎちゃんがセーラームーンであることをごまかすために
ヴィーナスがセーラームーンに変装するという展開、
アニメ版にもあったけど、ここでもやってくれるとは!
美奈子ムーンもかわいかったよやっぱりアイドル風で!
そしてそれに乗っかって「わー美少女戦士だほんものだー(棒読み)」
とやるうさぎちゃんのアホかわいさプライスレス……
・あれ? でも5人いるぞ?→まさかのちびうさヴィーナスという衝撃

・セーラー5戦士のテーマソングである「揃い踏み! 白月5人女」、
このメンバーでやるのは最後なんだからフルバージョンで聞きたかったけど
まさかの聡美ちゃんのヲタ芸が見られたので許さなくもない
・いややっぱり許さん!! 絶対に許さない!!
しおりヴィーナスのアイドル無双が見たかったんだわたしは!!

・5人とちびうさとほたるちゃんがラーメンの出前を取る場面、
本当に麺をすすっているのが見えてびっくりした。
「まこちゃん肉まん匂うね」「肉まん好きなの」
「あみちゃんいつもチャーハンだね」「チャーハン好きなの……(笑)」
みたいなやりとりがあったんだけど、もしかしてメニューは毎回違うのかな?
1日2公演の日もあるし当然か……同じものばっかりじゃ飽きるよねえ。

・高橋果鈴ちゃんはセーラーサターン、ほたるちゃん、
そして敵であるミストレス9と1人3役(と言っていいのか?)だったわけですが、
個人的にはほたるちゃんモードのときよりサターンや
ミストレス9のときのほうがいい感じだと思いました。
もともと大人っぽい声なのかな、歌になると特に顕著だった。

・タキシード仮面がついに! 薔薇を! 客席に投げた!!
(おととしは投げてくれなかった)

つっこみたいところは多々あるんだけど、キャスティングと衣装と音楽とに
あふれんばかりの愛と夢を感じるのがセラミュのいいところだなー。

舞台  c.0  t.0

スポンサーサイト

-  c.0  t.0

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック