calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

profile

links

categories

archives

recent comment

  • 雪舟えまさんと『タラチネ・ドリーム・マイン』のお話
    みつる (06/14)

recent trackback

search this site.

others

mobile

qrcode

sponsored links

下心はやさしい

JUGEMテーマ:ひとりごと

帰るたびにひとり反省会をしてしまうので、
大勢の飲み会は楽しいこともあるけれどわりと苦手です。

+++

好きな人から好意というにはあまりにどろどろした、
いわゆる下心めいた視線を向けられていることに気づいたとき、
落胆より軽蔑より安堵のほうがずっとずっと大きかった。

自分は褒められたり好意を向けられたりするのが
苦手な質なのだと昔から思っていた。
実際のところそれはあまり正確な表現ではなくて、
褒め言葉や好意を素直に受け取っていいのかどうか
分からなくなってしまう、と言ったほうが正しい。
純粋な好意か、実は皮肉が込められているのか、
愛あるいじりの一種かもしれず、
おたおたする様子をあとで面白がってつつくのかもしれない、
わたしにはうまくルールが読み取れない。
感情の境目は思っている以上に柔軟だから、
1から100まですべて好意、あるいは皮肉ということはたぶんないのに。
昼間に聞いた怪談を寝る前に思い出して、
棚の後ろやカーテンの裏を気にして寝つけなくなる子どもみたい。

あなたの下心は、湿度の高さでそれが下心だとたやすく分かるから、
何も気に病むことはないのだった。
あなたが発するどんな褒め言葉も深読みの必要はなく、
単純にわたしの気を引くためだけのものだということ。
その事実は他の人のもっと純粋なはずの好意より、
はるかに分かりやすくて手触りがいい。
下心を嬉しいと思うことじたい、わたしがあなたを好きだから、
という但し書きなしには成立しないのだけれど。

あなたがわたしに向ける視線、それが下心ならば、
わたしはどんなふうにでも振る舞える。
思わせぶりに微笑んでみせたり、思いきり甘えたり媚びたりして、
そのくせきっと視線には答えてやらない。
なぜならあなたのそれは純粋な好意ではないから、
あなたの下心に答えてもわたしが幸せになれると思わないから。
あなたがわたしをいいようにしたいのであれば、
わたしだってあなたをいいようにしたい。

それが下心ならば、わたしはあなたのために背伸びをすることも、
好意だか皮肉だか分からない褒め言葉を
何度もひっくり返して考えることもない。
あなたのものになることも、あなたをものにすることもない。
あなたの横顔を、きれいだなあ好きだなあと思って、
遠くからただただ眺めていればいい。それだけなのだ。

感情は思っている以上に境目がないものだから、
もしかしたら下心の波間にきらきらする気持ちがのぞいたりするかもしれない、
なんて、期待する理由はひとつもないのだ。


下心ならわたしにもあっただろうどのスカートも少し短く
(黒井いづみ)



スポンサーサイト

-  c.0  t.0

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック